がんになっても 普通に生きる

がんについての理解 そしてがん患者への誤解をなくすために

ご挨拶

time 2016/07/07

ご挨拶

私はフリーアナウンサーですが、2006年から月1回、コラムの連載もしています。関西のジャーナリストで作る有料の新聞『新聞うずみ火』で、硬派な記事が並ぶ中、日々の生活に根ざした気になることを書いてきました。

そして2014年12月からは、がんについてあれこれ書いています。というのも、私自身がその年の5月、乳がんであることがわかったからです。がんのことを勉強するにつれ、知らないことが多いと気づきました。まだまだ知られていないことが多い、がんを取り巻く現状を、少しでも知ってもらえればという思いで書き続けています。

がんについての連載も回を重ねてきましたが、最近、「ネットでも見られるようにしてほしい」という声をいただくようになりました。そこで、このサイトを立ち上げ、これまでのコラムをアップしていくことにしました。加筆したり、説明を加えたり、また時には新しく書いたりしながら、投稿していきます。

これからお付き合いいただければ幸いです。

 

 

down

コメントする




CAPTCHA


関連記事

「新聞うずみ火」掲載コラム

がんゲノム医療

コミュニケーション

データ

ネット情報

代替医療

医療否定論

医療報道

医療者

寄せられた感想から

心の問題

患者力

患者家族

新型コロナ

未分類

検診

番組

社会的課題

運動

雑記

2016年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

さかゆうプロフィール

さかゆう

さかゆう

しゃべり手 たまに書き手。 ネット問題に取り組む消費生活アドバイザーでもある。母親を希少がんで亡くし、自身も 2014年に乳がん発覚。手術を行い 現在経過観察中。                      

最近のコメント